2019年8月23日

美味しいものを食べて健康に生きる!

高齢者の介護の問題は日本全体で大きなものとなっています。施設介護だけではカバーしきれない部分も多く、在宅での介護の比重は今後より大きなものとなっていくはずです。介護が必要な高齢者を抱える家族の負担は大きく、介護の専門家の関与も、費用面などの問題から限られてしまいます。日常の介護をうまく進めつつ、高齢者の生活の質を高めていくためには、部分的に外注するという事も必要になってきます。

特に毎日の食事については、健康に大きくかかわる問題でもあるためしっかり考えていきたいところです。しかし、毎日の食事の準備にホームヘルパーを確保するという事も難しく、本人や家族で十分な栄養バランスのとれた食事を準備するということは困難なことが大きくなるでしょう。食事が不十分な状態では健康の維持が難しくなり、生命にも影響が及びかねないのです。しかし、他の介護に人手がかかることもあり、なかなか食事のことまで手が回りにくくなってしまっているのが現状です。

そこで、食事については高齢者向けの配食サービスを取り入れるということが一つの大きな選択肢となります。冷凍などで数日単位で配達されるものが多く、電子レンジなどを使って手軽に温かい食事をとりやすくなります。高齢者向けという事で、食べやすい固さや栄養バランスなどにも配慮されているものがあります。定期的な配達で安否確認につながるという効果もあるのです。こうしたサービスの利用で適切な栄養管理を進めていきましょう。配食サービスについての詳細はこちら→おいしく食べてほしいから!配食サービス