2019年7月15日

美味しいものを食べて健康に生きる!

配食サービスとは、高齢者を中心として一食ごとの食事を自宅に配達するというサービスのことです。在宅介護を受けている人にとって、食事の準備は非常に手間となります。一人暮らしの高齢者の多くは、総菜で食事を済ましてしまうこともあり、栄養面での心配が多くなっています。また、介護の度合いによっては、通常の食事がとれないこともあり、それらの人々の食事の悩みを解決するために非常に便利なサービスということが可能です。

しかし、そのような配食サービスにもデメリットもあれば、使用する際の注意点もいくつかあります。配食サービス利用においての注意点のひとつは、突然やめることができないということです。配食サービスは基本的に契約内容に沿って定期的に届けられるものです。たまたま届く日に家族で外食の予定が入ったとなったとしても、届けないでほしいと突然いうことはできません。逆に、市町村の特別給付を活用した配食サービスは、審査もあるのですぐに始めることができないです。

また、食事内容に好みが反映されることも少ないということも注意しなければなりません。配食サービスは一律で食事を作って配達するので、好みに合わせて個別に食事内容を変更してくれるということは少ないです。しかし、好みの問題ではなく、アレルギーの問題ならば配慮してくれるでしょう。アレルギーは、命に係わることもあるので、あらかじめ申請しておけば、それに配慮した食事を作ってくれます。同様にドクターストップのかかった食材も配慮してくれます。